System

全体概要

TVNは、基本的な構成として「位置計測システム」「表示モニター」「制御PC」の3つデバイスと、プローブやリファレンス等の専用ツールで構成されます。 「位置計測システム」でリアルタイムに計測した「表示モニター」やプローブ、リファレンスの位置情報を使い、 患者頭部にCTやMRIのDICOMデータから作成した3Dモデルを重畳することで、直感的なナビゲーションを実現しています。


%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e6%a6%82%e8%a6%81

TVNの基本的な構成





ハードウェア

位置計測システム

BICAM-MED

2眼カメラを使った、最もベーシックな位置計測システムです。 モーションキャプチャシステムVICONの技術を使うことで、 カメラから50cm~3mと広い範囲で位置計測することが可能であり、 自由な位置から患部を確認することが可能になります。

○ 計測範囲
 dn = 50cm
 df = 3m


img_2408
BICAM-MED外観



trackingarea2


Whole-Room

多数の位置計測用カメラを環境に対して最適に配置することで、多数の人や機材が存在する環境下でも、 死角のない、スムーズなナビゲーションを実現します。

whole-room whole-room-tracking


表示システム

ARモニター

7インチモニターパネルの背面にカメラ素子を配置し、扱いやすい形状にまとめた拡張現実感(Augumented Reality)に最適なモニターです。

ar-monitor2 ar-monitor3


制御PC

SyncVV

ソフトウェア

TVN-Navigator

TVNのメインとなるソフトウェアです。取得した位置情報から3Dモデルをカメラ映像に重畳表示します。

TVN-Setup

事前の準備として、簡単に3Dモデルの登録とレジストレーション情報の設定を行うツールです。

TVN-Plan

CTやMRIのDICOMデータから、セグメンテーションに分けた3Dモデルを作成するソフトウェアです。